top of page

Timed & Anti-rez Demo System

AD.png

To make a demo object, put the script and the configuration note card into any object.

Or link the demo text mesh we prepared to your object.

How to make the demonstration object

* The done demonstration object needs NO modification and NO transfer permission. Please turn it off.

1. Using the demo text mesh we prepared

  1. Rez the Production Products and the demo text mesh.

  2. Edit the note card 'Demo Setting' in the demo text mesh. ※1

  3. Link these as the demo text will be a parent.

  4. Touch it to open a menu dialog, and click 'Start System'.

  5. If you need to, adjust the position of the floating text via the dialog menu.

  6. Modify the name of the demonstration object.  * You can change the name later also.

  7. Turn off the modification permission and the transfer permission.  After that,  take the object into your inventory.

You can get the demo product.

2. Using your mesh objects.

  1. Edit the note card 'Demo Setting' in the demo text mesh.  And copy it and script 'E.VA #Timed & Anti-rez Demo System' into your inventory. ※1

  2. Put these into a parent of a mesh you want to have it demo. 

  3. Touch this object to open a menu dialog, and click 'Start System'.

  4. If you need to, adjust the position of the floating text via the dialog menu.

  5. Modify the name of the demonstration object.  * You can change the name later also.

  6. Turn off the modification permission and the transfer permission.  After that,  take the object into your inventory.

You can get the demo product.

※1 : The password generator HUD included in the package will issue a password for the creator. Please set that one.

Specifications of the demo product

 

  • When users attach the demo product, a countdown starts, and the demo is detached automatically when the time is up.

  • The remaining time will be shown as a floating text.

  • The demo will play the voice sound if you enable a voice announcement.

    • When the demo was attached.

    • When remaining 1 minute left.

    • When the demo was detached.

  • Each announcement will be shown in the local chat. (Only an owner can see.)

  • A user can try the demo only the number of times you specified.

  • The demo products will disappear when users rezzed it.

Configurations in the notecard

You can edit various values below.

  • The number of times for attachable the demo.

  • The owner-say message when customers attach the demo.

  • The owner-say message when the demo was detached.

  • Language for customers.

  • The prefix of counting down float text.

Configurations via the dialog menu

  • A position of the floating text.

  • A name of the object.

デモ オブジェクトを作成するには、スクリプトとノートカードを任意のオブジェクトに挿入します。

または、用意したデモ テキスト メッシュをオブジェクトにリンクします。

デモオブジェクトの作り方​

最終的に出来上がるデモ製品は編集不可・譲渡不可である必要があります。

1. 用意したデモテキストメッシュを使用する

  1. 製品とデモ テキスト メッシュを Rez します。

  2. デモテキスト内のノートカード「Demo Setting」を編集します。 ※1

  3. デモテキストを親として、これらをリンクします。

  4. タッチしてメニューダイアログを開き、「システム開始」をクリックします。

  5. 必要に応じて、ダイアログ メニューからフローティング テキストの位置を調整します。

  6. デモオブジェクトの名前を変更します。 ※名前は後から変更することも可能です。

  7. 編集権限と譲渡権限を必ずOFFにしてから、オブジェクトをインベントリに仕舞います。(TakeまたはTake Copy)

​デモ製品が作成されます。

2. メッシュ オブジェクトを使用します。

  1. デモテキストメッシュ内のノートカード「Demo Setting」を編集します。 そのノートカードと、「E.VA #Timed & Anti-rez Demo System」というスクリプトをインベントリにコピーします。 ※1

  2. これらをデモにしたいオブジェクトの親のインベントリに配置します。

  3. このオブジェクトをタッチしてメニュー ダイアログを開き、[システム開始] をクリックします。

  4. 必要に応じて、ダイアログ メニューからフローティング テキストの位置を調整します。

  5. デモオブジェクトの名前を変更します。 ※名前は後から変更することも可能です。

  6. 編集権限と譲渡権限を必ずOFFにしてから、オブジェクトをインベントリに仕舞います。(TakeまたはTake Copy)

​デモ製品が作成されます。

※1 : パッケージに同梱されているパスワード生成HUDにより作成者のパスワードを発行します。 そちらを設定してください。

デモの仕様

  • ユーザーがデモ製品を装着するとカウントダウンが開始され、タイムリミットになるとデモは自動的に取り外されます。

  • 残り時間はフローティングテキストとして表示されます。

  • 音声アナウンスを有効にすると、デモでは音声が再生されます。

    • デモを装着した時

    • 残り1分の時点

    • デモが取り外された時

  • 各アナウンスはローカル チャットに表示されます。(オーナーだけが見ることができます)

  • ユーザーは、指定した回数だけデモを試すことができます。

  • デモ製品はユーザーがrezすると削除されます。

ノートカード内の設定​

 

以下のさまざまな値を編集できます。

  • デモを装着できる回数。

  • デモを装着時のオーナー向けチャットメッセージ。

  • デモが取り外された時のオーナー向けチャットメッセージ。

  • ユーザー向けの言語。

  • カウントダウンフロートテキストの接頭文字列。

ダイアログメニューによる設定​

  • フローティングテキストの位置。

  • オブジェクトの名前。

bottom of page